サントリーホールのコーヒーがうまい。

サントリーホールのカフェエリア
サントリーホールといえば、日本屈指のクラシック音楽用ホール。日本の名だたるプロのオーケストラの定期演奏会や、ベルリンフィルやウィーンフィルの日本公演にも使われるホールです。
先日、このホールのロビーでコーヒーを飲んだら、やたらと美味しかった。ビックリするほど美味しかった。美味しかったので、もう1回飲みに行ったのである。
カフェが好きすぎて、都内のカフェに行き尽くして、もう行くところがないという読者のあなたにコンサートホールのコーヒー、いわゆるホールカフェを試していただきたい。

開演前の楽しみ

この日はロビーでコーヒーを堪能すると気合いを入れて出発。
時計は6時5分。
気合い入れすぎて、到着したのは開場15分前であった。

しかし、慌てることはない。やることは色々ある。
サントリーホール裏側の公園を堪能したり(ちなみにここでオニギリとか食べてると、大量の猫がやってきたりする)、
公園でたたずむ作者
開場の時に出てくるパイプオルガン君を堪能したりして過ごします。
オルゴールみたいなやつ

サントリーホールの周辺は、ちょっとした散歩ができる空間になっています。森ビルの中の人がそういうの好きなんだか、六本木ヒルズ、表参道ヒルズほどじゃないと思うのですが、作りが複雑。通路を歩いていると、これはどことつながってるんですか。と、ちょっとした迷路です。ほんと、すぐに敷地の外に出されちゃう。

駅前では、日本一とかいうシュークリーム売っていたので、これも購入しておきました。ホールはロビーでパンを食べたりなどする人はいるので、ホールカフェも持ち込みしてても、特に何も言われないのです。
とろけるシューくりーむ

ホールカフェを楽しもう

さあ、入場して、ロビーの片隅にあるカウンターで意気揚々とコーヒーを注文します。400円。
今日の担当者は、人の良さそうなおっちゃん。(イラストは、当日に私がメモったもの)
メガネのおっちゃん

おっちゃんがコーヒーを入れるところを眺める限り、とても普通の機械。
紀尾井ホールの下手舞台袖に置いてあるヤツと同じような、利島のドルフィンスイミングやったとき、集合場所のログハウスに置いてあるやつと同じような機械。
上記の説明じゃわからない人のために、さらに説明するなら、その場で豆を挽いて、ドリップしている様子なんてない機械。一回どばっと作って、あとは貯めているだけの疑いのある装置です。そうとあらば、海老名のサービスエリアのコーヒールンバ自販機よりも、セブン-イレブンよりも美味しくないコーヒーのはずなのです。なのに、なのに、なぜサントリーホールのコーヒーがおいしいのか。

さて、飲んでみましょう。
サントリーのコーヒー

あれ、普通だ。今日は汲みおいたドトールコーヒーのような味がする。
あんなに、先月はおいしかったのに・・・今月は普通だ。なぜだ。まったくもって、普通のコーヒーだ。

ううーんん。こんな勢いで紹介してきたのに、これはどうブログに書くか・・・。困ったもんだ。

雰囲気が作るおいしさ

20年くらい前の話ですが、父親が「サントリーホールのアイスクリームがうまい。」とコンサートに行く度におごってくれました。
確か500円くらいするの。
それが、そのアイス、どう見ても、どう見ても”ハーゲンダッツ”。奥に「ハーゲンダッツ」って書いてある箱が見えるのよ。昔、五反田駅前にあったクレープ屋。「オレンジクレープ」を頼むと、堂々と店員が「みかん」って書いてある缶詰取り出してくるの。それくらいに見えている。
ふわふわ
ハーゲンダッツ、おいしいですよ。おいしいよ。だけどね、あれ、セブン-イレブンで買ったら250円くらいだから。
とはいえ、サントリーホールで食べると味が違う。
何が違うって、絨毯がフカフカ。こんな絨毯フカフカな、たとえば帝国ホテルのカフェでコーヒー飲んだら1000円超えますからね。絨毯が高い。
そして、スタッフの方たちの身のこなしの本格感。スタバのお姉さんもそれらしく振る舞ってるなとは感じるけど、格が違う。「いらっしゃいませ」の声のトーンとお辞儀の角度が違うのだ。雰囲気を味わうという意味では帝国ホテル並かもしれない。

前回の感動はなんだったのか

前回と今回で味が違った理由と言えばね、前回はコーヒー入れてくれた人が、ビックリするぐらいに完璧な顔をしたお兄さんだった。目と鼻と口のの場所、大きさ、すべてが整っていた。こんな顔あり得るんだとドキドキしながら眺めていた。多分、そのドキドキ代がコーヒーの味を上げたかもしれない。
そして、前回はインキネンの惑星と庄司紗矢香のコンチェルトでワクワクしてた。今回はラザレフのショスタコービッチ。いや、ラザレフすごいけどさ、ラザレフの音っていいんだけどさ、ショスタコビッチチクルス始まって気づいたんだよね。あたし、ショスタコ苦手。タコ苦手。聞いていると戦争映画見てる気分になる。目の前に死体が見えるんだよ。正直、そんなに積極的に近寄りたくない作曲家認定されてるわけ。

でも、君は悪くない。傷つかないでくれたまえ。
メガネのおっちゃん

ホールカフェという楽しみ

コーヒーの原価というのは、セブン-イレブンでも、帝国ホテルでもそんなに違いはないらしい。セブン-イレブンは回転がいい分美味しいという話もある。
ホールコーヒーも、開演前と休憩時間という限られた時間でしか販売されないので、汲み置きでも、それほど時間長く汲み置かれてはいないのだろう。
サントリーホール以外のホールのコーヒーも気になってきたので、今後取材を続けたい。なんせ、来年はサントリーホールの改修で他のホールに行く機会もありそうなのである。

ワッホイ。ワッホイ。

スポンサーリンク