コーヒーミルに粉がくっつくとき…除電ブラシがいい

サンワサプライ・ホコリキャッチ+

 コーヒー豆をハンドミルに入れカリカリカリカリ。引き出しみたいになってる箱を取り出して、ドリッパーにバサァーーー。この作業をするときに、気になること。

 箱に粉が残る!

 どうにかならないもんですかね。で、検索したら、静電気のせいだっていうんですよ。ってことは、使えるんじゃないか!?除電ブラシ。ってなワケで、実験しました。そしたら、超気持ちいいことが起きたのだー。

スプーンでもちょっと解決する

 箱に粉が残るのは、静電気のせいらしいんですよね。ミルの摩擦で静電気が発生して、帯電するらしいです。インターネットに載っていた解決法は、スプーンを使う方法でした。

 コーヒーを挽く前に、手をちょっとぬらし、金属スプーンを持って、箱をささっとなでるようにすると、粉がくっつかないというのです。

スプーンで箱をなでているところ
金属スプーンで箱をなでる

 やってみたところ、効果あり。何もしないよりは、箱に残る粉が減りました。

珈琲をドリッパーにうつすところ
粉をドリッパーにうつして…
少しだけ粉が残っている様子
だいぶついてない!

 2回連続で挽くときなどは、如実に変わります。そうなんです。原因は静電気だったのです。

コーヒー豆が残っている様子
でも、そこそこ残ってますけどね

除電ブラシ・購入

 だったら、除電ブラシを使えばいいじゃない。ということで、サンワサプライのものを買いました。660円でした。

サンワサプライ ホコリキャッチ+
除電ブラシ!

 パソコンのキーボードとかのホコリを払うための製品です。ポリプロピレンとナイロンの毛以外に、導電性繊維が入っているので、静電気が除去されるのです。

ホコリキャッチ+パッケージ裏側
ホコリの際吸着も防ぐ

コーヒーミルに使ってみよう

 挽く前に、まずは除電ブラシで箱をお掃除します。

コーヒーかすが残っています。
使用前の箱
除電ブラシでお掃除しているところ
ササササッ
箱がキレイになる
結構、きれいになりますね

 除電したところで、普通にコーヒー豆を挽きます。

豆を挽いて、ドリッパーに入れるところ
豆を挽きました
コーヒー豆をドリッパーに入れたところ
パパパパッ

 さて、さて、さて……!

 箱は、どうなったのでしょうか!

箱に粉はない
ジャジャン

 ビューティフォーーーーーー!!!

 驚きました。まったく粉が残っていません。やるな…サンワサプライ。

やっぱりコーヒーの粉が残っていない
角度を変えてみても、やっぱりキレイ

 ここで残念なお知らせです。めちゃくちゃ気持ちいいので、みなさん、ぜひ、お試しくださいっ!と、言いたいところなんですけど、製品の裏面を読むとですね。「用途以外にはご使用にならないでください」とあります。ですので、あの、当ブログでは、まったく推奨いたしません。ここまで書いておいてなんですが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 導電性ブラシなので、コンセントとか電気が通るとこには使わない方がいいと思うよ。うん。

ホコリキャッチ+注意書き
用途以外にはご使用にならないでください

 実は、除電ブラシを買う前に、アルミホイルでビロビロしたブラシを自作して実験をしてたんですよ。そいつはスプーンと同じくらいの効果でして。いやぁ、こんなに効果が違うとは思いませんでした。売ってるモノってスゴイですね。

 ワッホイ、ワッホイ。