顔パックをとにかく安くしたいから、グリセリンで作ってみた

グリセリンの容器

 長谷川京子がキレイなお肌の秘訣は「パック」と言ってました。1日2回もやるそうです。さすが女優。普通の人なら「そんなことやってる時間ないわっ」と文句を言うところですが、私は在宅フリーランス。時間はあります。っていうか、仕事しながらパックできます。

 さっそく薬局にパックを買いに行くと、値段に開きはあるけど、だいたい1枚100円~300円くらいでした。フリーランスのライターってさ……時間はあるけどお金がない。ということで、なんとか安くする方法を考えました。

 ※私は専門家ではありません。今回紹介する方法が専門家的には実はヤバい方法かもしれません。真似する際には自己責任でお願いします。

ローションパック綿を買ってきた

ローションパック綿
パック用のコットンが売ってました

 薬局に行くと、パック用の綿が売っていました。「これに化粧水をつけてパックしてください」という商品です。40枚で250円くらいです。1枚6円くらい。

 これにちふれの化粧水をつけてパックしてみました。1本500円くらいです。

ちふれの化粧水
ちふれの化粧水ってお安くていいよね

 ちふれの化粧水は安いほう……なのですが、パックってめちゃくちゃ化粧水消費するんです。ふんだんに使うと、5回のパックで1本使い切ります。これでは、お金が……。ということで、化粧水を自作することにしました。

グリセリン化粧水を作る

 「グリセリンで化粧水を自作」とネットで検索すれば、いろいろとページが出てきます。これなら、安く作れるのでは…と、グリセリンを買ってきました。100ミリリットルで400円くらいでした。500ミリリットルのものを買えばもう少しお得です。

グリセリン
グリセリンを買ってきました

 グリセリンを水に混ぜて使います。どのくらい混ぜたらいいのか、ネット検索しましたが、いくら混ぜても、水がねっとりするわけでもなく、なんだかよくわからないので、適当に入れています。

(水が30ミリリットルだとすると、10%濃度で3ミリリットルなので、そのくらいかと)

グリセリンを水に入れるところ
水に入れます。水に変化はないです

 ここにローションパック綿を入れて、ひたひたにします。

化粧水を吸ったローションパック綿
水を吸いました

 最後におまじないで、ベビーオイル垂らします。

ベビーオイルを垂らすところ
ベビーオイルをちょいちょい入れる

 あとは顔にぺたーと張って、15分くらい放置します。すっごい効果があるのかはよくわからないのですが、肌のお手入れって劇的な効果を求めず、ちょっといいなを続けることが大事って雑誌に書いてあったので、3年後には私は長谷川京子になっていると思います。


 値段の話をしていたのに、結局グリセリンの使用量が適当であるため、まともに金額計算ができていないという、どうしようもない話になってしまいました。ごめんなさい。でも、たぶん、安くなっていると思います。あとはコットンを毎回捨てるのがもったいないので、顔の形に切った布とかでできないの?と思っているところです。それにしても、なんか、ケチ臭い話だなぁ。薬局のパック、右から左まで全部買いしてみたい。

 ワッホイ、ワッホイ。