しまなみ海道に行ってきました(3)

さて、しまなみ海道に行ってきた報告。前回前々回に引き続き、しまなみ海道の良かったところをお伝えします。

5位・夕日

夕日

小笠原に行ったとき、曇っていて見られなかった夕日。利島に行ったとき、曇っていて見られなかった夕日。しまなみでは見られたぞおおおお!

生口島の地図にある「サンセットビーチ」。こんな名前のつく地名、夕日が綺麗に違いない。「我は、ここで、夕日が見たいのじゃ。」とおうじたま(=旦那)に所望する。西日本の日暮れって早いんですね。冬だというのに17時に日の入り。ちなみに、日の入り時刻って、日が完全に沈むのが17時なのか、沈み始めるのが17時なのか・・・どちらなんでしょう。

南国夕日前

サンセットビーチのだいぶ手前で、すでに南国の木の向こうに夕焼けの予兆。焦ったおうじたまに置いて行かれるわけですが、気にせず写真を撮ってた私。ここに住む人は、この風景が当たり前なんだなあと思うと、何が贅沢なのかわからなくなります。

生口島は、「島ごとアート」というのをやっています。島に17個の現代アートオブジェが飾ってあります。作品を作る人が場所を選び、そこに設置しているのだとか。そんなわけで、サンセットビーチは、島の中でも選ばれやすい場所のようで、3つのオブジェがありました。

謎のメガネと夕日。

巨大メガネオブジェと夕日

ごめん、そのオブジェ・・・いらん・・・。

6位・因島産直センター「うまや」

尾道から見て第2の島、因島を走っていたときのことです。途中ですっかり忘れていたことに気づいたのです。ご飯のこと。

お昼をさしかかり、「あ、お腹すいたな。」→「そういえば、ここってコンビニとかあるん?」→「ないよね?島だよ?」→「ごはああああああああん。」

補給食的な物も、持ってなかった・・・。こうなると、急に空腹。

ここなら、きっと、ご飯があると、「尾道因島フラワーセンター」に到着。自転車オアシスにも指定されているところなので、何かあるはず。だって、オアシスですもの。

「レストハウス→」という看板に従って行くと。

レストハウスはただの教室

休むだけじゃないかああああああ。orz

さすがの、年末です・・・。12月28日月曜日・・・本当にどこもあいていないのでは・・・と、不安がよぎります。

フラワーセンターはあきらめて、走り始めました。しばらくして、神の助けが現れた・・・その名は、ローソン。

でも、よく見ると、ローソンの奥に「産直センター」の文字。食べ物ありそうな予感・・・お!お!お!これは、食堂だあああああ。

店の前には、ちょんまげ(←ほんとに)をしたおじさんと犬がいました。おじさんに聞けば、食堂やってるとのこと(TT)

店前の犬

おじさんが釣ってきたという、地魚定食をチョイス♪

地魚定食。いかつき。

島の魚は、高級魚ではないものの、とにかく新鮮。味に濁りがありません。地方出身者が東京に来て「魚がまずくてびっくりした。」という話はたまに聞きます。鮮度が違うんでしょうね。

うまやさんで、会計後にミカンいただきました。このミカンは、生口橋の展望台でいただきました。しまなみに来て初めて食べたミカン。口にしたら、驚きの甘さでした。

みかん Arts撮り。

7位・cafe EARLY BLOOMER

旅行4日目は、サンライズ糸山から今治市内へ向かって走りました。「オサレなカフェーでまったり」を所望していたのですが、そんなもの現れず・・・。大島で2軒みかけたけど時間なくスルー、サンライズ糸山の裏に1軒ありましたが、お休み・・・orz。

そうなんです。さすがの12月30日です。今治タオル本社も閉まってるし、今治城内も閉まっている。行くところ、行くところ、閉まっている。

そんなとき、偶然見つけた「cafe EARLY BLOOMER」。

お店全景。

民家を改装したカフェのようでした。中に入ったら、とにかく、安い。1000円前後のカレーとかパスタとかハンバーグのメニュー全部に、ミニサラダとパン食べ放題!がついてくる!ハンバーグ的メニューはライスもついていました。しかも、+250円でケーキつけられる。店内は、JKでいっぱいだったぜ。

ケーキ

松山あたりを中心に何件かあるカフェのようです。アンケートに答えておいたので、割引券ゲットしたら、ブログ読者プレゼントにするんだぜー。

番外・今治子

おみやげ屋さんで見つけた、「今 治子」。今ではゆるキャラで人気No.1になったばりぃーさんや、みきゃんちゃん。彼らにたどり着く前に、色々、苦労があったんだなー。

今治子のカバン。

スポンサーリンク