シャンプーCMなツヤ髪になりたくないか!

ホイコーロー36歳のときの話。これって、化学物質過敏症?みたいな、症状に見舞われました。

 

シャンプーとか、洗剤とかのニオイが、ぷぅーーーーんとしてくると、目がかゆくなり、鼻がムズムズ、吐き気がして、めまいがして、頭痛がして・・・人生やる気しない・・・うえに、イライライライライラしてくる。



どうしたらいいか。悩みます。世の中の洗剤主義に怒り狂うのですが、怒り狂うと同時に、やっぱり現代社会で生きていかないといけないので、どうしたら大丈夫になるのか、悩み狂うのです。



もがき苦しみながら、インターネットサーフィンをしていたところ、「化学物質過敏症は、「パブロフの犬」だ。」という記事を見つけましてね。「パブロフの犬」を颯爽とggrましたよ。答えはインターネットにある(しかも無料。キリッ。



そのパブロフの犬さんなんですが、「ベルを鳴らしたら、餌をあげる」を繰り返していたら、「ベルを鳴らすだけで、ヨダレが出るようになった。」という心理学の実験の話なんですね。まあ。なんて可哀そうなパブロフちゃん。完全に飼い主に遊ばれてます。ベルが鳴ったから来たのに、何も食べられなかったなんてトラウマになりそう。



で、これがどうして、化学物質過敏症かというと、「理由がニオイだったかはわからないけど、たまたまニオイがしたタイミングで体調が悪化したという体験があると、ニオイを嗅ぐだけで体調が悪くなるように学習される。これが化学物質過敏症だ。」って書いてあるサイトがあるのですよ。



まあね、それが本当かわかりませんよ?このブログの読者の7割にあたる3人くらいは、マユツバーって画面に向かってつぶやいてるでしょうよ。でもね、治ったって書いている人、広いインターネットの世界で、その人くらいなのでね。とにかくなんとかしないといけないのでね、これをキッカケに考察を進めました。




パブロフさんは、「どうやって、ベルが鳴っても、ヨダレが出ない体に戻ったのか。」で、もう一度Google先生にお尋ねします。




それが、戻らなかったらしいです。

 

ええ。

 

同じ体験しないと条件反射が減ってくけど、少しのきっかけで、またヨダレ復活するらしい。ってか、最終的には、パブロフくんはヨダレ垂れ流し犬になっていったそうで・・・。





パブロフーーーー不幸すぎるーーーーぅぅぅぅ。





というわけで、私も不幸な気分になりました。

 

治らないやんけ。




色々どうでもよくなりましたが、こうなってくると、もう、世の中の洗剤主義と闘わざるを得ません。必要最小限に使用を留めて、とにかく、とにかく、あまり使わない。ニオイしなさそうなシャンプーに変えて、使用頻度を抑え、使わない日はお湯だけで洗い流す作戦を編み出しました(ggrっただけ。



毎日シャンプーで洗っていたのを、2日に1回にしてみました。

 

もうね、洗わなかった日の、頭のギトギトなこと。小学校のとき、担任の先生の前髪が、やたらと一体感があったんだけど、そんなレベルじゃない。頭全体が一体感。髪の毛1本1本あんなに細いはずなのに、なんか、ものすごい団結してんの。頭全体国会前デモ行進。



なので、洗いたくなるのだけども、シャンプーも嫌なので、お湯だけ洗浄にする。

 

シャンプー回数を、3日に1回・・・1週間に1回・・・2週間に1回と、だんだんとしていったら。。。



だんだん、ギトギトしなくなってくるのね。

 

人間ってすごいね。あいつら、毎日シャンプーで油を根こそぎ取られてるから、団結してデモ行進してたんね。取らなくなったら、おとなしくなってきたよ。



しかも、しかもーですよ。

 

櫛が通らないほどに傷んでた髪が、通るようになってきちゃったりして♪




ん?




んん??




んんんんん?





ビダルサスーンのCMに出られるような、髪になってきましたー。



(って言ったら、シャンプー使わないのに、CM出るんですか?

 

(ビダルサスーンとか、年齢わかりやすすぎですよ。



とか・・・orz



でも、シャンプー買いに行かなくていいから、便利だよ。




(明日38歳になるタイミングでの報告です。つまり、ブログ1記事に1年半かかってます。パブロフは犬の名前じゃないことは知っています。

スポンサーリンク