ジーンズの穴をミシンでたたいて直す!

最近、洋服の修理に目覚めている高橋ホイコーローです。こんにちは。

使い道がわからない手芸作品を作るより、お得な物を作りたい。なんともケチくささがにじみ出ています。

そんなとき、私の前に現れた。てててっててー。修繕欲をかき立てる、穴。穴が見つかったのです!

ズボンに穴が開いている

おしりにアナ

これ、お尻に、穴、開いてますやん・・・・

ジーンズという物は、わざとボロボロを履く人もいるので、勝手に直すと「おおおおお。おれの150万円リーバイスがああああ。」なんてことにもなりかねません。ので、まずは、持ち主に修繕の許可を取ります。うん。150万円じゃなかった。でも、とても大事にしているジーンズとのこと。

大事だと言われても、パンツ見えるし。ということで、やったことない修繕をいきなり本番実行!

ミシンでたたくぞおおお

ネットでジーンズの修理を調べます。

「ミシンでたたく」らしい。

ミシンでたたく

それじゃない。

見つけた動画を見る・・。考える。た、たぶん、できる。

そして、いきなり実行。が、失敗すると思ってたので、写真がない。ゴメン。

1.当て布を準備

穴よりだいぶ大きめな布を用意します。

2.当て布をしつけ糸でしつける

あらめの普通縫いでミシンでしつけようと思ったけど、ズボンってミシンで縫いにくくて、あきらめて、手縫いでしつけました。

3.ミシンで縫う

ズボンに対して縦方向に、穴より広めに縫っていきます。バックステッチがないので、まっすぐ縫って、返し縫いをして・・・を繰り返し、やりきりました。縫い目は、一番細かいやつです。

たてに縫う

完成!

消えた。アナ。

ミシンをやり終えて、びっくり!!!本当に、穴が消えた!消えた!

ああ、こんなに世の中簡単に穴が消えるなら、一番直したいのは、あなたーストッキングーーーー。どうして、1回で~~~あなが~~~開くの。それは~~~まるで~~~、しつれんのような~~~に~お~い~~。

というわけで、「かつおのたたき」以上に、言葉の意味がわかりにく「ミシンのたたき」でした。

スポンサーリンク