幸せになるティッシュを持ち歩こう

ホラフキさんにティッシュをあげるトマトマン

人に喜んでもらうということ

どこで読んだ話か忘れたのですが、社会人になったら「急に人にあげられるもの。ばんそうこうとまでは言わないが、ティッシュくらいは必ず持っておけ。」と親に言われたと言う話しがありました。

素敵な話ですね。どうしたら周りの人が喜んでくれるか、いつも考え行動する。ティッシュがなくて困ってる人にプレゼントできれば、救世主になれます。周りの幸せは、自分も幸せにしてくれるでしょう。今日は、「お腹痛い。」と言ったら、カイロもらえました。お礼に自分が持っていたカイロをプレゼントしました。

ティッシュを多めに持ち歩こう

というわけで、お気に入りのファーストフード店で、ティッシュが配られていたので、それをいただきまして、持ち歩くことにしました。

何の変哲もないティッシュ

ううん。なんというか、殺風景なティッシュ。確かに必要な時にもらえば、うれしいかもしれない。でも、もっと、喜んでもらえる方法があるのではないか。

イラストをかいたティッシュ

いらない?

スポンサーリンク