結婚指輪を手作りしてきました とある結婚5年目の夫婦の話

鎌倉彫金工房で指輪を手作りする

鎌倉彫金工房
 前段がミシシッピ川くらいに長くなりましたが、さあ、みなさんお待ちかね、指輪を手作りした話です。手作りしたのは「鎌倉彫金工房」さん。鎌倉駅から大仏側の出口を出て5分くらい歩いたところにあります。
 「指輪の手作り」に出会ったのが5月。そこから主人がネットで店を探し出し、1回見学し、実際にトンテンカンできたのは9月。そうです、めちゃくちゃ人気店のようで、3~4カ月待ちなのです。我々のように、完全に式に間に合ってない、「いつまでに必要ですか?」と聞かれて「3年前」と答えるカップルなら問題ないですが、式に間に合わせたい通常のカップルは要注意です。ちなみに、我々は見学してから決めましたが、見学する人は珍しいそうです。みんな即決なのね。

いろいろ選べる。デザインを決めるよー

指輪見本
 見本を見ながら、デザインと素材を決めます。
 素材は、18金ゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、プラチナから選ぶことができます。
 デザインは丸みを帯びた甲丸、平らでカクカクしている平打ち、でこぼこ加工がされている土目の3つから選べます。
指輪の形3種
 マット、ヘアラインという表面に細かい傷をいれる仕上げ加工も選べます。
マット、ヘアライン加工
 指輪の太さも1.5mm~2.5mmを選べます。
太さが違う指輪の写真
 最後に石を乗せることもできます。

 あーだこーだいいながら、デザインはプラチナのマット加工に決定。私は甲丸の1.5mm、主人は平打ちの2.5mmを選びました。夫婦で一緒でもいいし、全然違ってもいいし、なにか共通点を残して別の物というのもできちゃいます。

指のサイズを測る

 指のサイズを測るゲージで、サイズも決めます。3年前のあの日、Amazonさんから届いたあのゲージと同じ物ですね。
指輪ゲージ
 自分で作るという利点もあって、たとえば私は6号~7号の間あたりがいいかなーなんて思った場合、6.5号も選べます。6.5号で作り始めておいて、確かめながら、6.75号くらいを作るなんてこともできちゃうらしい。

 作業台の下には、工具もいっぱいあって、ワクワクしてきます。
工具

溶接で棒を輪にする

 渡されましたのは、プラチナの棒。これが指輪の材料になります。ただの太い針金のようですが、この棒だけで2万円。
プラチナの棒
 棒をバーナーであぶり、柔らかくします。先生のお姉さんが手を取り指導してくれるので、「すげー」って言ってるだけでも作業は完了します。
プラチナ棒を燃やす
 片側が丸くなったペンチのような器具で、棒を丸にしていきます。
ペンチのようなもの

棒を丸くする

 棒の端どうしがくっつけばOK。
端と端がつながった

 つなぎ目を溶接します。再び、ぶおおおおお。温めたところで、つなぎ目に小さい金属片を入れるとそれが溶けて、うまくつながるのです。すごい作業をやっているようですが、お姉さんが手取り(以下略)。失敗する心配はないですね。

 つながりました。水の中で冷やされ中。
冷やされる指輪

トンテンカンして、丸くする

 指輪を丸くするのには、金属の棍棒のような道具を使います。
指輪を丸くする棒
 棒に指輪をはめて、
器具に指輪をはめる
 上からトンカチでたたいていくと、丸くなります。
指輪をたたく
 木槌に持ち替えて、さらにトンテンカン!目指すサイズまで指輪を大きくしていきます。
木槌
 先生がマジックで目安を付けてくれるので、そこに行くまでトンテンカンします。
大きさの目印
 いったん、指にはめてサイズをみます。ここから削ったりするので、少しきついくらいはOKだそうですよー。
試しにはめてみた指輪

削る、とにかく削る

 細い金ヤスリで削っていきます。
やすりで削る
 どんどん輝いてきて、指輪らしくなってきますよー。
指輪らしくなってきた様子
 我々はマット加工なので、ちょっと荒い金ヤスリで細かい傷も付けていきます。
マット加工はやすりで
 いい輝きになってきました!
指輪になってきた

もっと輝かせる

 千枚通しのような道具を使って、指輪の裏側をゴシゴシすると、さらに光ってきます。指輪の輝きだー!って感じる瞬間。
指輪の裏を光らせる
 サンドペーパーでも磨きます。
サンドペーパーで磨く
 専用の布で磨けば、
布でふく
 完成。
完成した手作り指輪

 工程は難しいようですが、先生が「すごーい、上手ですー!」なんて言いながらも、修正してくれるので、絶対にきれいに仕上がります。
 時間は3時間30分かかりました。が、我々が一番時間かかってました。我々は削り過ぎか、写真の撮りすぎかどっちかでしょう。

文字入れマシーン登場

 そして、この文字入れマシーンを使いまして、指輪の裏側に好きな文字が入れられます。
指輪文字入れマシーン
 指輪を作った日付を入れてみました。
指輪の刻印

お会計は、時価!!

 そしてお会計ですが、指輪をはかりに乗せて、重さを計るのです。重さ×金属価格で価格が決まります。
指輪の重さ
 基本制作費が1本15750円、主人の指輪は4.6gで40461円、私の指輪は2.8gで24628円でした。この日のプラチナは1gあたり8796円だったんですね。そして、ケースを買ったので3150円がかかっています。2人合計で10万円弱でした。
会計

ニヤニヤ。ニヤニヤ。

 やっと、結婚指輪を人に自慢することができるようになりました。(指輪よりも、肌の色の違いが気になる写真・・・)
手作りした結婚指輪

 シンプルなデザインだからか、ずっとつけていても、気になりません。以前から持っていたデザインリングは、すぐにはずしたくなったので、指輪をすることに不安もあったのですが、大丈夫なもんですね。

 買ってから2週間がたちますが、主人は今でも、たまに指輪を見てはニヤニヤしているので、すごく良かったんだと思います!
 「あ、してくるの忘れた」事件が頻繁に勃発中。
 ワッホイ、ワッホイ。

スポンサーリンク