デパート屋上の観覧車に乗ってきた♪「かまたえん」

幸せの観覧車
 高橋ホイコです。ジェットコースターは苦手です。
 30年ほど前までは、デパート屋上といえば子どもの遊び場でしたが、今では屋上遊園地は減ってしまいました。東京・蒲田にあるのが屋上遊園地「かまたえん」。今では都内唯一の屋上観覧車がある遊園地です。
 2014年に閉園の危機となりましたが、存続を望む声が高まりリニューアルして同年10月に復活しました。
 かまたえんに行ってみたら、大人1人でも観覧車に乗れました。かまたえんは楽園だったよ!

「かまたえん」はどこに?

 東京都大田区の蒲田駅にあります。大田区は、東京都の海側南方にあります。大田区の「大」は大森に「田」は蒲田に由来している程度に蒲田は大田区の中心となる街です。蒲田はユザワヤに買い物に来たり、大田区民ホール「アプリコ」に来たり、餃子を食べに来たりと、よく来ている街ではありますが「かまたえん」には行ったことがありません。「モヤイ」を見に来たときに、そういえば・・・。と寄ってみたのでした。
 蒲田の駅ビル「東急プラザ」の屋上に「かまたえん」があります。
かまたえんへの行き方
 かまたえんだああああ。
かまたえん入口

「かまたえん」はどんなとこ?

 ちょうど豆しばキャンペーンをやっていたので、豆しばちゃんが迎えてくれました。
豆しばLOVE
 さほど広くはないですが、芝生と花のいい香りがして、気持ちいい空間です。乗り物は4種類くらいあるようで、子どもたちが遊んでいます。
 東急電車っぽい三輪車的な物に乗れるヤツも楽しそう。
電車の遊具

 年齢制限は小学6年生まで。私、小学6年生のときと身長と体重変わってないけど、ダメかな・・・。ダメですか↓
年齢制限あり

 こちらは、「風の丘」という、トランポリン的にボフボフできそうなヤツ。とても楽しそう。
風の丘

 「3歳~8歳」まで( ;∀;)。乗りたい。乗りたい。トトロのおなかっぽいし、乗りたい。
風の丘の説明
 こ、ここの乗り物はもしや・・・子ども専用なのかっ!?観覧車も大人は乗れないのか!?と不安がよぎってきます。

 かまたえんの一番奥、HAPPY植え込みの後ろに観覧車はありました。
HAPPYな植え込み

 その名も「幸せの観覧車」。見ているだけで、幸せな気分。
幸せの観覧車

 ドキドキしながら説明を読みます。年齢制限については特に書いていないようです。
幸せの観覧車説明

観覧車に乗るぞー。

 平日の昼間だったので観覧車には誰も乗っておらず。そこにいた係りのお兄さんに「大人一人でも大丈夫ですか?」と聞いてみると、「大丈夫ですよ。チケットそこで買ってください。」と教えてくれました。心なしか苦い顔をしていた気がしなくもない。
 乗れるぞおおおおおおおおお。
 チケットを買います。300円でした。
ちけっと販売機

 お兄さんが「水色にしますか?豆しばにしますか?」なんて聞いてくるので、「豆しばで。」と即答してしまった自分がなんか恥ずかしい。1台見送って豆しば号に乗せてもらいました。
奥の豆しばに乗るのだ。

 中には豆しばが3匹!!!!適当に投げ込まれている感はあるけど、うれしいいいいい。ぼふぼふすると、気持ちいい。
黄色い豆しば

黄色と白の豆しば

赤い豆しば

 観覧車は上がっていきます。上がっていくときは正直そんなに眺めは良くないのです。正面は壁、左にかまたえんです。遠くの景色はあまり見えません。
視界の説明図

 しかーし、頂上に来てからがこの観覧車のハイライト。東急線の線路がどどーんと見えてきます。その様子は動画でどうぞ。

 1周、およそ3分間でした。

たのしかった

 小さいし、あっという間ではありますが、ワクワク感は大きい観覧車と同じ、いやそれ以上かも。幸せな気分にしてくれる観覧車でした。
 私は幼少期、恐怖心が強かったのもあって、子供用の乗り物とかアトラクションで乗ったことない物が多いのです。今なら乗れるのに、今度は年齢制限で乗れないものも多く。だけれど、この観覧車は乗れて本当によかった!
 ワッホイ。ワッホイ。

スポンサーリンク