リンゴとハチミツが恋をしたら、甘口カレーになる。ってそりゃそうだ

これがリンゴだ。
 高橋ホイコです。今週はいろいろなことがありました。

 さて、カレーと言えば、リンゴとハチミツが恋をします。そんなの若い人は知らないよとご心配のあなた。大丈夫。当ブログを読む若者など皆無です。あなたが知っていれば無問題です。
 あれは、1980年頃西城秀樹が歌っていたCMソング。「リンゴとハチミツ恋をしたー。ハウスバーモント・カレー♪」。気がつけば、あの頃から「リンゴとハチミツが恋をしたら、いったい何になるんだ?」との疑問を放置し続けていたのです。これは、解決せずにはいられません。

 今日こそ、35年来の疑問を解く。
 カレーにリンゴとハチミツを入れる。

カレーをつくる

 つまりは、ただ、普通にカレーを作っただけなのであーる。

 ジャガイモ、人参、タマネギ、肉と一緒にリンゴを煮る。
リンゴをどーん
 2時間くらい保温調理鍋で放置したところ。
リンゴがぷかぷか浮いている

 このスープを飲むと、味は完全に「りんご煮ましたね。」って味。肉と野菜の風味を圧倒的に凌駕するりんご風味。つまり、りんごの味しかしない。少し不安がよぎる。実験とはいえ、おいしいカレーを食べたいのですが・・・。

 バーモントカレーのルーを入れた。
カレーにリンゴが浮いてる

 すごいね。カレーの包容力って。リンゴの味を包み込んで、一気にカレーの味になりました。これで、一安心。

 辛口のカレーが完全に甘口になったので、ソース、ケチャップ、塩麹と定番の隠し味たちを入れて、塩を足したところに、ハチミツ!
お気に入りのはちみつだ!
 入れちゃいました。今日も自分の料理がうまい。

実食

 リンゴは見た目、ジャガイモと変わりません。イモかと思ってリンゴを食べると少し事件です。
カレー!
 カレーの包容力ってすごいよね。全然違和感ない。酢豚のパイナップルのような異質感なく、リンゴが受け入れられています。
つまり、普通に、甘口のカレーになりました。バーモントカレー甘口。

 一晩おいたカレーなんて、リンゴ入れてたの忘れるくらいに普通に食べられました。カレーの懐の広さに脱帽です。普通の甘口カレー。

こたえ

 35年間気になっていた私の疑問は、こういうことだったのです。

問:リンゴとハチミツが恋をしたら、どんな味なのか
答:バーモントカレーの甘口の味になります。

 なんという、地味な話なんでしょう。こんな話でも「そこ?」って視点からコメントくれる方もいるので、まあ、ビックリなのです。
 今日も楽しく、ワッホイ。ワッホイ。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

スポンサーリンク

広告

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で