コーヒー豆を選別したら、おいしかった。

良いコーヒーと悪いコーヒー
高橋ホイコです。コーヒーメーカーをもらうためだけに三島まで行ったことがあります。東京から。

さて、コーヒー豆のプロの話によると、コーヒーは欠けている豆を取り除くだけでも、全然味が違うそうです。
本当でしょうか?

小学生の時に暇にまかせて、節分の豆をイイヤツとワルイヤツに分けて見たけど、気が付いたら両方食べ終わってた。
何か違いに気づくことなんてなかった。

結局のところ、プロじゃないとわからない違いなんでしょ。と疑いつつ選別したコーヒーを飲んでみたら、
本当に全然違いました。

コジャレた喫茶店の豆で起きた事件

以前、会社の先輩からコーヒー豆をガリガリ挽くやつをいただいたので、コーヒーは豆で買っています。

会社でのうわさなんですけどね、定年退職後の人って、朝からいい生活しているらしいんですよ。
前日届いたAmazonの箱(未開封)をテーブルに置く。
それ眺めながら、ゆっくりとコーヒー豆を挽いて、香りを楽しむ。
さらに、お湯を沸かして、ゆったりとコーヒーを入れる。
完成したコーヒーをゆったりと味わう。
ゆっくりとAmazonの箱を開封する。

うらやましすぎるぅぅぅぅぅぅぅ。

そんなわけで、まだ定年じゃないですけど、憧れて先に、コーヒー豆ガリガリするヤツだけ入手しました。先行投資ってやつです。

豆は、コジャレた喫茶店で買って来ているんざーます。
ハッキリ言って、大衆喫茶店との味の違いなんて良くわからないんですけど、100g500円だし、雰囲気いいほうがいいじゃない。

そう、大衆喫茶店とコジャレ喫茶店のコーヒーの味の違いなんて、実はわからない私です。

さて、豆の選別をしましょう。
選別開始
大きめのカップ2杯入れるのに必要なくらいの量の豆を選別しましょう。

掌の上の豆
思ったより、欠けたり、傷ついている豆はないみたいで、粒の大きさもそろってます。

選別終了。
悪い豆はほとんどない

悪い豆それしかないのかいwwwwwwwwwwwwwwww

まさかの、いきなりの企画終了。
これで良い豆のほうのコーヒー飲んだって、いつものヤツじゃないか。
そんなん、味が変わるわけないでござる。飲まなくてもわかるでござる。

困った。困った。

大衆喫茶店の豆、ありがとう。

ということで、大衆喫茶店の豆を買ってきました。200g870円です。
大衆喫茶店の豆

大衆喫茶店とかさっきから、小馬鹿にしたような書き方してますが、実はこの大衆喫茶店、私、大好きです。
コジャレ喫茶店より営業時間も長いので、大衆喫茶店でもたまに豆を買っています。
「そのままで」って言えばそのまま売ってくれますし、「コーヒーメーカー用に挽いて」って頼めば挽いて売ってくれます。
この大衆喫茶店いいですよね。日本人に合わせた等身大の椅子。見た目のカッコ良さを追求せず、居心地の良さを追求している感じ。

というわけで、選別です。
大衆喫茶店の豆が掌の上

コジャレ喫茶店より、豆の大きさにバラつきがあって、欠けている豆もチラホラありました。
これで、実験ができます。よかった。よかった。

選別後のコーヒー豆

先ほどよりも、悪いコーヒー豆を採取することができました。
さて、ここから、実際のコーヒーにしていきましょう。

危険すぎる!悪い豆コーヒー

豆をガリガリするやつ

コーヒー豆をガリガリしていきます。まずは、悪い豆の方から。
いくらネタでブログやっているとはいえ、後味はいい方にしたいので、先に悪い方です。

このガリガリしている瞬間が一番香りを楽しめる時間だと思う。
ガリガリしながら、香りをたのし・・・・

変なにおい( ゚Д゚)!!!!!!

全然心躍る香りがしてこない。苦く、苦く、のどの奥まで苦い!
嫌なにおいをかぐ女性

なんか、ちょっと、頭痛してくる匂いなんですけど・・・これ。

とりあえず、コーヒーにしてみました。
まずいコーヒー

コーヒー入れている間、こんなにテンション上がらなかったことはない。
とにかく、香りが苦い。それ以外に言葉ない。苦い。

飲んだ。
まずい

まずい。

なんていうかなー。「私、コーヒー嫌いなんですぅ。」って言う人がいたとするじゃないですか。
その人に嫌いな理由を聞いたとするじゃないですか、
その嫌いな理由が凝縮されたのが、このコーヒー。

苦いし、いい香りなんて何にもしないし、味薄いし、飲んだ後に残る後味ってやつまで苦い。
胃がムカムカしてきた。

これは、飲んではいけない。
私は良い子なので、これ以上飲まない。
「もったいないお化け」によりブログが炎上したとしても、飲まない。

デヴィ夫人に献上したい!良い豆コーヒー

気を取り直して、良い豆コーヒーを飲みましょう。
悪い方があんだけまずかったんだから、これは期待できるわけです。

挽き終わった豆の香りをかぎました。
さっきより、全然苦くない。ちゃんとしたコーヒーの香りがする。ちょっと酸味も感じました。
普通のコーヒーの香り

コーヒーにした。
美味しいコーヒー

ええと、みなさん、コーヒーの味の違い、飲むまでわからないと思っているかもしれないんですけど、実際やってると、もうね、香りが全然違うので歴然と違うことはわかるんです。

やっと、普通のコーヒーが飲めるぜ。

思ったよりおいしいコーヒー

期待以上だ。

あまりの違いの驚いた。本当に違う。まろやかだし、苦みもないし、なんならフルーティーと言ってもいい。
胃が拒絶する感覚もない。

「私、コーヒー大好きだぷー。」とか言ってる人がいたとするじゃないですか。
コーヒーが好きな理由を聞いたとするじゃないですか。
その理由が凝縮されたのが、コレ。

しかも、後味がドトールコーヒー。

選別って、好きな言葉じゃないけれど

いやあ。本当にここまで顕著な違いがあると思っていなかったので、感動しました。
しかも、どっちもコーヒーと言えばコーヒーなんですよ。
コーヒーが持っている嫌な部分と、気持ちいい部分を分けることになるんですね。

そして、ブログ用に写真をフォトショしながら思う。
自分の顔のカワイイところと、ブサイクなところを、分けて…。ううん。何でもない。

それでは、今週もワッホイ!ワッホイ!

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

スポンサーリンク

広告

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で