禁煙してみた。

ブログ復活の最初の記事がこれか。って話しなんですが。

つーか、メニューがタイトルにかぶってる。

 

ええ。私、喫煙者だったんですよ。

なんてーかねー。意地でもヤメナイ。って思ってたんだけど、

なんだか、あまりに周囲の目が冷たくなってきたんで、

 

って、それさえも、みんながやたらとタバコのニオイをキライになっていくのは、禁煙補助薬売ってる会社がやたらとタバコは体に悪いキャンペーンやって、禁煙外来とかCMしてる、つまり陰謀だあああ。って戦ってたけど、

 

やっぱね、周囲の目が冷たすぎる。

少しくらい、臭くてもいいじゃないか。無臭男子とか、無臭おっさんとか、ちょっと恐いぞ。

 

と、いいつつ、ダイソーのニオイとか苦手ですけどね。私。

 

とそんなこんなもあって、今、やめて、2ヶ月。

 

これがさ、何も起きないのよ。

ご飯がおいしくなるとか。世界が明るく見えるとか。太るとか。よく眠れるとか。

特にない。

 

なーーんにも、変わらない。

強いて言えば、ホルンで高い音が出るようになった(謎

 

で、何もないんだけど、苦しいことも何もない。

 

今までも、吸ってなかったですけど?

というのと、同じ感覚。

 

吸ってない人が、吸ってる人見ても、吸いたいとか別に思わないじゃない。

そんな感じ。他人のこととか、どーでもいい。

 

 

んで、どうやってやめたかですがね、

 

これを読むのです。(Kindle版のリンクだよ。)

 

 

読むだけなんだけど。本当に。

私ね、正直、読書って好きじゃなかったんですよ。

 

面倒くさいというか。興味がわかないというか。。。

 

そんな私が本を読み始めたキッカケ…。

 

いや、譜面入れておくのに使ってたんだけど。カラオケに練習に行くのに、譜面イチイチ持って行くの重いからね。これ、電池持つし。

 

けど、画面小さくて、譜面は見にくい。

仕方ないから、青空文庫とか読んでみるか。

 

と、「イワンの馬鹿」とか、読んでたら、結構楽しくて。

本、楽しいな。みたいな。

リケジョの趣味が広がるキッカケって、やっぱり電子デバイスだよね。みたいな。

そろそろ、時代はiIRON。アイロンの底がタッチパネル。

 

で、話しを戻すと、読むためには、この技術が欲しくなるわけですよ。

 

そうそう。速読術を学んだわけです。

で、速読の練習のつもりで、いろんなの読んでて、特にたばこ辞めるつもりもそんなになく、禁煙本読んだのさ。だって、本読んだだけで、辞められるとか思わないじゃん。

どんなもんなんか読んでみただけなのさ。 

 

 

うさんくさいこと極まりないけど、これで、本当になんの苦しみもなくやめてしまったのですよ。

 

 

速読はできるようになってないけど・・・。うん。