”落書きサングラス”という新しいオシャレ提案

2017年4月7日

そのサングラス意味なくない?イメージ
高橋ホイコです。
アランジ・アロンゾのような雑貨店を作ることを目標にしようと3日前に決意しました。

さて、サングラスを頭の上にかけるオシャレ、通称「頭上サングラス」。
「そのメガネ、意味あるの?」
ってツイツイ聞いちゃうヤツです。

2年前、つけまつげバッサバッサした職場の新人が、頭上サングラスでオシャレをしているのを見て、どうしても、どうしてもやりたくなりました。

そのメガネに落書きをしたい。

100円メガネに落書きする

サングラスって、100円で売っているんですね。
サングラスを買ったのが一昨年の夏。
白いマジックを買ったのが、去年の秋。
白マッキー

フルタイムで働いていると、とにかくやる気が起きない。仕事じゃない時間は休まなければと、心がブレーキをかける。
時間のなさに苦痛を感じ、仕事をやめてみましたが、今でも「なんとなく時間がない」って感覚が消えないんですよねー。
自分の物事の捉え方の問題なんですかね。時間は作るものですね。

というわけで、ついに、着手したんですよ。

じゃじゃーん。
落書きサングラス
落書きサングラスの完成です!

絵を書き始めたら、10分で書き終わりました。
構想2年。実行10分。
案ずるより、生むがヤスシ。

と書いて、「生むがヤスシさん」という新キャラが脳裏に浮かんで、また2年の旅に出ちゃったりする。人生は旅だ。

街に出よう!

さあ、落書きサングラスをして出かけましょう。
出かけるところ

やばい。KAWAIIIIIII!!!!
カワイイメガネ

ネタブログのようなのに、まったくネタじゃないこの感じ。かわいすぎてー、つまんなーい。

私の勘では、このサングラスはきっと流行ります。ホイ雑貨の主力商品になれる子だ。

私の予想では、このサングラスをして山手線に乗れば、20分間に3人はぼそっと「メガネー」とつぶやくと思うんです。
ええ、日本人はシャイですから。話しかけては来ません。

でも、これを見たら、言いたくなるはず。
メガネをとったら?
「目が、ねー」

山手線に乗って上野に行きましょう。
今の上野なら外国人いっぱいですよね。

外国人は反応いいですから
「ジャパニーズアニメワンダフル!ソレ、ドコ、ウッテル?」
なんて話しかけて来るでしょう。

話しかけてきた外国人が、実は海外メディアの偉い人

海外の「ガイアの夜明け」みたいなヤツにホイ雑貨登場。

海外で「ラクガキサングラス」大人気!

ホイ雑貨が年商3億円。

夢が膨らみます。

で、話しかけて来た人と写真を撮って、ウキウキ楽しいブログにするつもりだったんですがね。

「誰も話しかけて来ないじゃないかーああああ。」

話しかけてくるどころか、「あのメガネなんだ?」という視線を向けてくる人さえ皆無。
上野駅のインフォメーションセンターのお姉さんにコインロッカーの場所聞いたけど、気づいてる様子がない。
1日で1000人以上とすれ違った気がするけど、私の頭上に視線を向ける人なんて、誰もいないじゃないか。自意識過剰かっ!

誰も話しかけてくれないので、ブログの方向性を見失ったまま、今文章を書いています。

そして、

友人とのランチの際に、落書きサングラスをしていきました。
気づかない。本当に気づかない。
たわいもない会話を続けて10分間。
「チョット、待って、何それ?」と、やっと気づいてくれました。

しかも、「メガネをとったら、、、、なんですか?」なんて聞いてくる。

「メガネー」だろおおおおおおおお(TT)

色々人生思ったようにいきませんが、このサングラス普通にかけても意外と前が見えます。前途有望だね。
サングラスをかけたところ

※現在販売は終了しています。いつでも作れますが。

ワッホイ、ワッホイ!

スポンサーリンク